【経産婦】コロナ禍での超スピード出産レポ

ママ編

どうも、ママです!

無事第二子が産まれました!
コロナ禍の超スピード出産レポです!

0:00生理痛に似た軽い痛み

陣痛間隔:20〜30分に一回不規則

痛さレベル:1 ★

全然寝れるレベルなので、寝落ちしてなんとなく痛いなぁと起きたり寝たりを繰り返す。


2:00 痛みの回数が減っていく

陣痛間隔:気づいたらなし

痛さレベル:0

気づいたら痛みなし。前駆陣痛だったのかな?今日はまだ産まれないかな…と思い、普通に眠くて寝る。


3:00 深呼吸すれば落ち着かせられるレベルの痛みが突然始まる

陣痛間隔:20〜30分に一回不規則

痛さレベル:2 ★★

痛みで起きる。初産婦さんは、あとどれくらい痛みが強くなっていくか分からないだろうから、割と痛み出して焦るかも。

5:00 陣痛の間隔が一定になる

陣痛間隔:15分に一回

痛さレベル:3 ★★★

陣痛間隔が一定になったのでこれは本陣痛だ!今日産まれると!確信。

もっと痛みが強くなるはずなので、まだ自宅待機。まだもがき苦しむ程痛くはない。ううう…っとうずくまる程度。

7:00 陣痛ごとに痛みがどんどん強くなる。病院へ向かう準備

陣痛間隔:15分に一回

痛さレベル:4 ★★★★

まだ15分に一回しか痛みが来ないので、痛みが来てない時は普通に動ける状態。

大便、シャワー、着替えを済ませいつでも病院に行けるように準備。痛みは、うずくまって動けない位痛い。呼吸が乱れるので、ふーふー息をするのに必死になる感じ。


8:00 痛みが更に強くなる。いよいよ病院へ

陣痛間隔:8分に一回

痛さレベル:5 ★★★★★

これは絶対痛い、マジで痛い、やばいってレベル。

1人目の体験からすると子宮口5cmは開いてるって感覚。

8:30パパ運転で病院へ出発し、8:35病院到着。

8:40 触診、エコー検査

陣痛間隔:6分に一回位だったのかな?

痛さレベル:6 ★★★★★★

痛みと闘いながら、必死に病院の指示通りに動くので必死

既に子宮口が7cm開いていたので、すぐに出産時の服や下着に着替える。陣痛室には入らず、直で分娩台へあがる。

9:00死ぬ程痛くなる

陣痛間隔:2分に一回位

痛さレベル:10 ★★★★★★★★★★痛みピーク!

私は、出産でここがピークに痛くてしんどいです!

あまりの痛さに叫ばずにはいられなくなる、呼吸が乱れる、暴れたくなる、どうしてもいきみたくなるけど、「力抜いて〜まだいきまないよ〜」とまだストップをかけられるので、いきみ逃ししないとなんだけど、それが一番辛い!


9:05 力入れて赤ちゃんを出す!あと少し!

陣痛間隔:すごい短い。もう必死すぎてわからん、ほぼずっと痛い

痛さレベル:9 ★★★★★★★★★

一気にいきみたくなり(てか、いきまないなんて絶対無理!みたいな状態になる)いよいよ力を入れてOKと許可がおりる。

私は、いきみ逃しよりいきめるようになる方がまだましなので、ここにくるとラストスパートだぁ!と気持ちが割と楽になる。

9:15 赤ちゃんがちゅるんと出てくる

痛さレベル:2 ★★※ほぼ麻痺(笑)

痛さの絶頂が終わったので、普段生きていて痛いと感じることはほぼ痛くない、麻痺してる状態(笑)

出産の形はひとそれぞれだけど、私はこんな感じでした

経産婦で、出産を一度経験しているので

どれだけお産が近づいているのか、痛みでわかりました。

立会い出産はもちろん病院には本人しか入れないので、陣痛室で長時間痛みに耐えるのは体力的にも精神的にも辛いしひとりが嫌だったので…

まじでギリギリまで自宅で過ごしました。

自宅で痛みに耐えている時は、息子が頭を撫でてくれて「ママ頑張るね」と本当に力をもらった。

痛みの時間もあっという間に過ぎるように感じた。

8:35病院入り、9:15出産の超スピード出産!でした。

助産師さん「早かったね(笑)」

無事産んであげられて良かった

IMG_3815

愛する家族、守るべきものが増えました

私たちのところに生まれてきてくれて
ありがとう

そして、はじめてママと離れてお留守番している息子…
入院1日目。朝パパから「まだ寝てるよ」と写真がきた
IMG_3816
普段、寝かしつけた後家事をしているだけで「ママ〜」と泣きながら私を探しにく息子

やっぱり夜中私がいなくて「ママ〜」と起きたらしい。「ママは病院だから、パパと2人で寝よう」とパパが言うとちゃんと寝たらしい
まだ1歳9ヶ月なのに、ちゃんとわかるんだね…

私の枕で寝ている息子の写真を見て
我慢してるんだろうな…と心がきゅーっとなった

早く帰って抱きしめてあげたい

もう少しで帰るからみんなで頑張ろうね

コメント

タイトルとURLをコピーしました