【2021年1月】Qセルズの太陽光発電実績公開!シミュレーションとの比較も

太陽光

どうも!みもパパ(@ikiruchie)です。

YouTubeチャンネル開設しました!よかったらのぞいてみてください

今日は2021年1月度の我が家の太陽光発電実績を公開します。

最新の実績や過去の実績はこちら

我が家の太陽光発電システム

我が家の設置している太陽光発電システムはQセルズの4.575kWのシステムです。
パネルは”Q.PEAK-G4.1 305″というパネルを15枚載せています。

導入2年目の2020年は太陽光発電システム導入前に比べて電気代が14万円もお得になりました!
詳しくはこちら

2021年1月の発電実績

さっそくですが、2021年1月の発電・売電状況は以下のようになりました。

FullSizeRender

発電量370kWhに対し、売電量207kWh。売電率は約56%でした。

売電額は約5,300円と5千円を辛うじて超えました。

昨年同月の発電実績との比較

ちなみに昨年1月の発電・売電状況は以下でした。

FullSizeRender
昨年同月と比較すると、発電量が28kWh増、売電量は26kWh増と昨年同月を8%ほど上回りました。

月間グラフを見る限りは昨年とほぼ同様の推移です。

今年1月
FullSizeRender

昨年1月
FullSizeRender

ですが下図のカレンダーを見て分かるように、昨年同月よりも晴れマーク(15kWh以上発電)の日が多くなっていました。

今年は15kWh越えの日が11回。
FullSizeRender
昨年は15kWh越えの日が8回。
FullSizeRender

シミュレーションでの年間発電量と2021年の実績

太陽光発電システムを導入した業者から提示されたシミュレーションでは年間発電量は5,526kWhとなっています。(毎月平均約460kWh)

2021年の太陽光発電実績は1月までで370kWhです。(達成率約6.7%)
FullSizeRender

年間予想発電量まであと5,156kWhです。

年間グラフの推移

FullSizeRender

年初ということでグラフもリセットされました。
グラフを見てわかるように、発電量は昨年12月とほぼ変わらずですが冬至を過ぎ、日照時間が増えてきたのか若干上昇しました。

また、消費電力(棒グラフ)は先月より大幅に上がりました。

まとめ

2021年1月の発電結果は昨年同月よりも良く、幸先の良いスタートとなりました。

日照時間も増え、少しづつ春が近づく2月はどうなるのか?
これからも比較・分析していきたいと思います!

やはり家の電力消費状況や発電状況を一目で見れるHEMS(Home Energy Management System)は便利です。

太陽光発電システムやHEMSを後付けで購入して本当に良かったと思います。

納得のいく太陽光発電システムやHEMSの設置には相見積もりが欠かせません。

自分の家にいくらぐらいで付くのか?既に設置済みでも本当に妥当な価格だったのか?相場の価格だけでも知りたい方は、タイナビソーラーパートナーズといった優良見積サイトを是非活用してみてください。

見積もりは無料でしつこい勧誘もないので安心です。私も見積もりサイトを使用して契約・設置に至りました。

私が実際に使用して、見積から契約にまで至った業者に出会ったタイナビさんへはこちら

【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!

ソーラーパートナーズさんへはこちら

ソーラーパートナーズ【住宅用】

ではまた明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました