【3ヶ月目】夫婦のコロナ特別定額給付金20万円を使ったSBI VOO毎日積立の運用成績

資産運用

どうも!パパです。

今日はパパとママの分のコロナ特別定額給付金20万円を使って実施している、毎日2500円の投信積み立ての9月度の運用成績を公開します!

運用ルールについて

運用ルールについておさらいです。
といっても、SBIバンガードS&P500インデックスファンド”(以下SBI VOO)を2500円分、SBI証券の毎日積立で20万円になるまで買い続けるだけです。
詳しい解説はこちらの記事を参照してください。

先月時点の運用成績

先月までの運用状況はこちらです。

9月1日時点の運用実績

先月9月1日時点では、毎日積立開始から41回、102,500円分購入し、運用収益額+6,042円、運用収益率​​+5.9%​でした。
image
image
image

現時点の運用成績

10月1日から開始して3ヶ月が経過しました。
9月30日まで、3ヶ月目の運用状況はこちらの通りとなっています。
image

image

image

毎日積立開始から61回、152,500円分購入し、運用収益額+647円、運用収益率​​+0.4%​でした。
9月末現在のSBI VOOの基準価額は11,125円、全月末の11,643円に比べ518円(4.4%)下落しました。
先月の評価損益が+6,042円でしたので、先月と比べる​​と評価損益は5,395円下落したことになります。

値を下げた9月

二番底というほどではありませんが、9月は右肩下がりで下落しました。
image

そうは言っても9月で最も値を下げた日でも10,772円(9月24日)で、毎日積立を開始した7月1ヶ月間の平均買付け価格と同じくらいです。
暴落と言えるレベルではなく、まだまだドルコスト平均法で買っているメリットは出ておりません。

20万円を一括投資していた場合との比較

夫婦のコロナ給付金を使って毎日積立を開始した日(7月1日)の約定単価は10,523円。
image
一方現時点の取得単価は11,077円。

image

残念ながら7月に一括で20万円分購入していたほうが利益は出ています。。。
いよいよ10月中には20万円の積み立てが終わります。
残り1ヶ月で平均取得単価を開始時より下げることができるのでしょうか???
次回の最終回をお楽しみに!

まとめ

いつか再暴落が来ると信じて始めた毎日積立ですが、9月は若干下がったものの暴落と言えるレベルではありませんでした。
アメリカ大統領選挙を前に、積み立てが終わる10月までに大きな相場の変動があるのか?分かりませんが、とにかくドルコスト平均法に期待して毎日2500円の積み立てを続けていきます!
ではまた明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました