【2020年8月】企業型確定拠出年金の運用成績公開!夏枯れ相場は来るのか?

資産運用

どうも!パパです。

今日は8月時点の企業型確定拠出年金の運用成績を公開します!

参考 : 先月の状況

FullSizeRender

先月2020年7月1日までの状況は
  • 資産評価額 1,199,264円
  • 掛金累計額 958,640円
  • 評価損益  240,624円
と前月比4万円強の増加でした。
詳しくは先月の記事をご確認下さい。

DC外国株式インデックスファンドLのチャート

私が企業型DCで100%投資している”DC外国株式インデックスファンドL”の8月1日時点の基準価額チャートはこちらです。

FullSizeRender

FullSizeRender

先月時点の基準価額35,354円に対して約600円増(1.7%増)の35,952円とわずかに上昇しました。
この2ヶ月は36,000円近辺をウロウロしてますね。
では私の今月企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用成績はどうなったでしょうか?

20年8月時点の企業型DC積立状況

今月の積立状況はこちらです。
FullSizeRender

今月は
  • 資産評価額 1,199,264円(+30,333円)
  • 掛金累計額 968,760円(+10,120円)
  • 評価損益  260,837円(+20,213円)
ということで、また少し資産が増えました。
当初からの運用利回りも4.8%以上にまで回復。
2月に初めて運用成績を公開した時あたりが過去のピークで、当時は37万円の評価益だったので、
元に戻るまであと11万円程度のところまで戻りました。


毎月の記事で話していますが、あまりにも回復が早くドルコスト平均法の強みがあまり生かされていません。
もっと長期間価格が下がっていないと、価格が安い時期に買っている額が少なすぎるからです。
しかし、日本では各企業の悪い決算やコロナ感染再拡大などの悪材料で日経平均やTOPIXが下がり始めており、いわゆる夏枯れ相場的なものが来たのではないか?などと言われています。
もしかしたらまた安く買えるタイミングが来るかもしれませんね。
しばらくは低い価格でいて欲しいと期待しつつも、別に景気によって運用方法を変えるわけではないので、これまで通り何も気にせず積み立てを続けていきます。

まとめ

以上、今月の運用成績でした!
先日の記事でも話した通り、来月からはマッチング拠出も始まる予定です。


来月から積立額が20,120円と約2倍になると思います。
今月より低い価格で買えるのか?それとも高い価格か?
来月からの2馬力の確定拠出年金積立をお楽しみに!
ちなみに我が家では企業型DC以外にも積立投資をしています。
今は誰でもネット証券を使って低コストのインデックスファンドで長期・分散・積立の投資が出来ます。
もしまだネット証券口座をお持ちでない方は是非この機会に口座開設してみてください。
私のオススメは楽天証券です!
ではまた明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました