貯める知恵!パパの細かな節約術

節約術

どうも!パパです。

今日はパパの普段の生活の上で何気なく実践している細かな節約術についてご紹介します。

服は買わない、買うならメルカリかユニクロ

パパは基本的にオシャレに無頓着で、カッコいい服が欲しいとか思ったことがありません。
なので、服は消耗品(下着や靴下)をユニクロ定期的に買うくらいで、月の服代は毎月ほぼゼロです。
また、買い替え時がきて上着やシャツ、ズボンをどうしても買う必要があるときは、ママに見立ててもらってユニクロでシンプルで安いものを買うか、メルカリで購入してもらっています。
このような方法で毎月の服代を抑えています。

ヘアカットは自分で

ヘアカットは自分でバリカン(仕上げはママ)でやっているので、月々の床屋代・美容室代のようなものは一切かかりません。
少し前までは街の1000円カットを利用していたのですが、2年前から坊主にしたので余計にお金がかからなくなりました。
服代に関してもそうですが、外見のためにお金をかけることは自分の中で無駄なことだと思っています。
一定の清潔感さえ保てていれば、無理にお金をかけてカッコいいオシャレさんになる必要なんて一切ないと個人的には思うからです。
まあ独身なら少しでもモテるためにそういう部分でお金をかけて努力したほうが良いのかもしれません。
ただ現在可愛くて頼りになる最高のママがいる私は他人にモテる必要が全くなく、ママに恥をかかせない程度の外見さえ保てていれば余計なお金を使う必要は全くありません。
そもそも、坊主を希望したのはママなんで(笑)

職場には水筒と弁当持参

福利厚生の一環で、職場の自販機はオール百円のため、昔は「お得だなぁ」なんて思いながら1日2〜3本コーラゼロを買って飲んでいましたが、結婚してからはママが毎朝水筒にお茶を入れてくれるので、水筒を持参して家のお茶を飲んでます。
毎日300円使って飲み物を飲んでいたら、だいたい月に5000円以上の出費になりますが、ママに業務スーパーで買ったティーパックの麦茶などを入れてもらうだけで、それが一切かかりません。
また、独身時代は会社の食堂でランチを食べていましたが、結婚してからは毎日ママの作った低糖質なお弁当を食べています。
会社の食堂も福利厚生施設のため安いのですが、自炊にはかないませんし、私は低糖質ダイエットをしているので、食べるメニューが制限されてしまいます。
ということで、ここ数年は会社にほとんどお金を落としていません。
昔は自販機や食堂でお金を使うので、財布を持ち歩いていましたが、最近は使わないので職場では財布をカバンにしまいっぱなしです。

まとめ

ということで、今日はパパのちょっとした節約術を紹介しました。
あらためて見ると、結局どれもママのサポートのおかげでできている節約術であることがわかりました。
本当にママには感謝です。
いまつわりで大変なママですが、今までしてもらったこのような節約サポートの感謝も含めて、全力で支えようと思います!
ではまた明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました