【2020年7月】企業型確定拠出年金の運用成績公開!二番底は来るのか?

パパ編

どうも!パパです。

今日は7月時点の企業型確定拠出年金の運用成績を公開します!

参考 : 先月の状況

FullSizeRender

先月2020年6月1日までの状況は
  • 資産評価額 1,148,331円
  • 掛金累計額 948,520円
  • 評価損益  199,811円
と前月比5万円強の増加でした。
詳しくは先月の記事をご確認下さい。

DC外国株式インデックスファンドLのチャート

私が企業型DCで100%投資している”DC外国株式インデックスファンドL”の7月1日時点の基準価額チャートはこちらです。
FullSizeRender

FullSizeRender

今年の2月21日に記録した最高値の40,153円から3月に26,000円と35%以上も下落しましたが、7月1日の基準価額は35,354円。
3月の底値からは35%上昇しています。最高値からは12%ダウンのところまで来ました。
では私の今月企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用成績はどうなったでしょうか?

20年7月時点の企業型DC積立状況

今月の積立状況はこちらです。
FullSizeRender

今月は
  • 資産評価額 1,199,264円(+50,933円)
  • 掛金累計額 958,640円(+10,120円)
  • 評価損益  240,624円(+40,813円)
ということで、また少し資産が増えました。
当初からの運用利回りも4.5%以上にまで回復。
2月に初めて運用成績を公開した時あたりが過去のピークで、当時は37万円の評価益だったので、
元に戻るまであと13万円程度のところまで戻りました。

しかし、まさかこんなに急に回復するなんて全く想像できていませんでした。
もしコロナショックに慌てて企業型DCの運用商品を預金や保険などの元本確保型商品に切り替えていたら、おそらくインデックスファンドを買い戻すタイミングを失って、いまだに二番底を待っていたりしていたかも知れません。
コロナショックのような相場の大きな変動時も、慌てずパニックにならず淡々と積み立てることがいかに大事か、あらためてその重要性を認識しました。
巷では二番底が来るのか、大統領選挙の結果がどうなるのか?など相場の関心が高くなってきましたが、何も気にせず積み立てを続けていきます。

まとめ

以上、今月の運用成績でした!もう運用成績上はコロナの影はどこにもありませんね。
ということで、これからも毎月運用成績を公開していきます。
近々別の記事で報告予定ですが、今月、企業型DCへのマッチング拠出制度の申請をしました。
8月からは積立額が倍になる予定です。(会社掛金の10,120円と同額を本人掛金として拠出予定)
ちなみに我が家では企業型DC以外にも積立投資をしています。
今は誰でもネット証券を使って低コストのインデックスファンドで長期・分散・積立の投資が出来ます。
もしまだネット証券口座をお持ちでない方は是非この機会に口座開設してみてください。
私のオススメは楽天証券です!
ではまた明日。

コメント

タイトルとURLをコピーしました