介護リフォーム

介護リフォームで「危ない!」を減らしませんか?
手すり1本からでもお気軽にご相談を!

介護リフォームは住み慣れた自宅でずっと快適に暮らせるように、手すりの取り付けや段差の解消、滑り止めなど、お体の状態に合わせた住宅改修です。ちょっとした工夫で、自立した生活が送れるようにしたり、介護をする側もされる側も楽にしたりすることができます。

生きる知恵工房では、介護リフォームをする前に、お住まいの状態をしっかり把握し、生活上で不便に感じるところや、危険を感じるところをご本人様やご家族にお聞きします。その上で福祉住環境コーディネーター、建築士、ケアマネージャー、看護師、理学療法士が、プロの目線で知恵を絞り、最適な介護リフォームをご提案いたします。

自立支援・介護負担軽減のための介護リフォームは、介護保険の利用が可能です。費用のことなど、介護リフォームに関するご相談は何でもお気軽にお問合せください。

介護保険を使ったリフォームについて

ご利用できる人 要介護指定をうけて要支援1~要介護5と認定された方。
在宅で生活し住宅改修が必要とされる方。
※着工前に事前申請費必要です。
自己負担額 リフォーム費用の1割または2割のご負担です。
支給基準限度額 同一の家屋に対して生涯20万円を限度とした住宅改修工事が1割負担で出来ます。
※要介護度が3段階以上進んだ場合、または転居した場合には再度20万円限度でご利用できます。
お支払方法 ご購入費の全額を一旦お支払いただき、後に9割または8割の払い戻しを受ける「償還払い」でのお支払となります。

介護のリフォームの流れ

  1. 1 お問合せ

    まずはお気軽に「生きる知恵工房」へお問合わせ下さい。担当ケアマネージャー様が決まっていない・介護の認定を受けていないといった方はご紹介させていただきますのでお気軽にご相談ください。

  2. 2 ご相談

    生きる知恵工房スタッフが、家族構成やお体の状態を伺いながら介護リフォーム(住宅改修プラン)のご相談にお応えいたします。

  3. 3 家屋調査

    ご自宅に伺い、介護リフォームする箇所を確認し、どの程度改修が必要かなど調査いたします。

  4. 4 御見積

    改修の設計図を作成し、見積書と共に提出します。

  5. 5 事前申請

    各市町村に事前に申請を行います。
    ※事前申請に必要な書類・申請代行についてもご相談ください。

  6. 6 ご契約

    リフォーム図面と自己負担金および助成金を明確にした見積書を確認し、工事を決定。
    契約を交わし、スケジュール調整します。

  7. 7 着工

    改修工事がスタートします。

  8. 8 お支払

    ▼仙台市にお住いの方
    ご購入費の1割または2割分のお支払いだけで手続きができる「受領委任払い」でのお支払いとなります。
    ▼その他の市町村にお住いの方
    ご購入費の全額を一旦お支払いただき、後に9割の払い戻しを受ける「償還払い」でのお支払となります。

    ※当事業所は、仙台市の「介護保険住宅改修事業者」の指定講習を受けた事業所です。
    ※お役所へのわずらわしい申請は、私たちが責任を持って代行させて頂きますのでご安心ください。

  9. 9 事後申請

    工事完了後に各市町村に助成金の事後申請を行います。
    その際に必要な申請書類も当社で作成いたします。

  10. 10 払い戻し

    各市区町村よりお客様の指定講座へご購入金額の9割または8割が払い戻しされます。

介護保険給付対象のリフォーム

  • 1 手すりの取付

    廊下・トイレ・浴室・玄関などに、手すりを転倒予防や移動・移乗のために設置する場合。手すりの形状は、二段式、縦付け、横付けなど。
    ※福祉用具貸与に掲げる「手すり」に該当するものは除かれます。

    手すりの取付
  • 2 段差の解消

    敷居を低くする・敷台を設置する、浴室の床のかさ上げなど、部屋・廊下・トイレ・浴室・玄関等の床の段差や玄関から道路までの通路等の段差や傾斜を解消する場合。
    ※「昇降機・リフト・段差解消機等動力により段差を解消する機器の設置工事」は除かれます。

    段差の解消
  • 3 床又は通路面の材料の変更

    部屋や浴室など床材を、すべり防止や移動の円滑化などのために、滑りにくいものに変更する場合。

    床又は通路面の材料の変更
  • 4 扉の取り替え・撤去

    ・開き戸から引き戸・折戸・アコーディオンカーテンへの取り替え
    ・引き戸等の新設(条件付)
    ・ドアノブの変更 ・戸車の設置など

    ※引き戸への取り替えに併せて自動ドアとした場合は自動ドアの動力部分の設置に関する費用は保険給付対象外となります。

    扉の取り替え・撤去
  • 5 便器の取り替え

    和式便器から洋式便器への取り替え工事の場合。
    ※1「和式便器から暖房便座・洗浄機能等がついている洋式便器への取替え」は対象となるが、既に洋式便器であった場合でこれらの機能等を付加する改修は対象外です。
    ※2「非水洗和式便器から水洗洋式便器又は簡易水洗洋式便器への取替え」の場合は工事のうち、水洗化又は簡易水洗化工事の部分は対象外です。

    便器の取り替え
  • 6 15の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

    <手すりの取付け>手すりの取付けのための壁の下地補強
    <段差の解消>浴室の床の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
    <床又は通路面の材料の変更>床材の変更のための下地の補修や根太の補強又は通路面の材料の変更のための路盤整備
    <扉の取替え>扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
    <便器の取替え>便器の取替えに伴う床材の変更、便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く)

生きる知恵工房のお客様へのお約束

工事日前日の確認の連絡をいたします。
工事前の隣家へのご挨拶をいたします。
工事内容を事前に説明・確認をいたします。
工事中の敷地内での喫煙はいたしません。
工事中にラジオ等の騒音は出しません。
トイレをお借りしたときは最後に清掃をいたします。
工事の始まり・休憩は声をおかけいたします。
工事箇所の床の養生をいたします。
休憩のお茶等は不要です。
工事後の片付け・清掃をいたします。
工事完了時にはお客様の確認・了解をいただきます。
以上のお約束をいたします。  生きる知恵工房

介護リフォームのご相談・御見積りはこちら

電話番号022-226-7164
受付時間 平日 9:00~18:00
サービス付き高齢者向け住宅|時のかけはし

© 生きる知恵工房 All rights reserved.