介護保険ご利用ガイド

  • ホーム
  • › 介護保険ご利用ガイド

サービスを受けられる方

65歳以上で、要支援/要介護に認定されている方

(但し自立歩行可能な方もしくは自立歩行を目指される方)

40~64歳で特定疾病により要支援/要介護に認定されている方

※特定疾病は、加齢との関係がある疾病、要介護状態になる可能性が高い疾病で、現在以下の16疾病が指定されています。

  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脳血管疾患
  • 後縦靭帯骨化症
  • 進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 多系統萎縮症
  • 慢性関節リウマチ
  • 初老期における認知症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  • 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • 早老症
  • 末期がん

介護保険の利用手続きの流れ

  1. 市町村に申請

    ご本人またはご家族が市町村の窓口に申請します。
    当社提携の居宅介護支援事業所などでも
    代行することができますのでご相談下さい。

  2. 訪問調査
    医師の意見書

    認定調査員がご自宅などを訪問し、
    心身の状態を本人や家族に対して調査します。
    主治医へ意見書の作成を各医療機関で依頼して下さい。

  3. 認定

    審査結果により、以下のいずれかの状態区分に認定されます。

    要支援1要支援2→介護予防ケアプランの作成→介護予防サービスの利用 要介護1~5→ケアプランの作成→介護保険サービスの利用

在宅サービスの利用限度額・自己負担額

要支援1 限度額 自己負担額(1割の場合)
要支援2 4970単位(49,700円~51,500円程度) 4,970円~5,150円程度
要介護1 10,400単位(104,000円~107,700円程度) 10,400円~10,770円程度
要介護2 16,580単位(165,800円~171,700円程度) 16,580円~17,170円程度
要介護3 26,750単位(267,500円~276,900円程度) 26,750円~27,690円程度
要介護4 30,600単位(306,000円~316,800円程度) 30,600円~31,680円程度
要介護5 35,830単位(358,300円~370,900円程度) 35,830円~37,090円程度

※参考:仙台市

●認定区分に応じて、1か月あたりの利用限度額が単位数で決められています。サービスによって1単位の単価が10円~10.35円の範囲で設定されています。

●サービス利用にかかる費用は、原則として1割または一定以上の所得のある場合は2割を利用者が支払い、残り9割または8割が介護保険からの支給となります。支給限度額は、介護保険で利用できる金額の上限額のめやすです。上限を超えたサービスの費用は、全額自己負担となります。

●居宅サービス区分とは在宅サービスと地域密着型サービスの事を言います。施設サービスは含まれません。
※特定福祉用具購入、特定介護予防用具購入、住宅改修費、介護予防住宅改修費は毎月の利用上限額とは別にご利用いただけます。レンタルの方は上記限度額範囲内でのご利用となります。

サービス付き高齢者向け住宅|時のかけはし

© 生きる知恵工房 All rights reserved.