介護用品の購入

介護保険で購入できる福祉用具についてご紹介します。

自立支援・介護負担軽減のための
介護用品(福祉用具)は介護保険を使って購入できます。

ポータブルトイレ、シャワーチェアなど、入浴・排泄などに使用する介護用品(福祉用具)は介護保険を使って購入する事が可能です。

豊富なラインナップの中から、介護される側もする側も快適で負担のない生活が送れるような介護用品(福祉用具)を、お体の状態や住環境に合わせてご提案いたします。

介護保険を使った介護用品(特定福祉用具)の購入について

ご利用できる人 要介護指定をうけて要支援1~要介護5と認定された方。
自己負担額 ご購入金額の1割または2割負担
ご利用限度額 毎年4月1日から翌年3月末日までの1年間で10万円(消費税込)まで。 限度額を超えた部分は全額自己負担となります。
お支払方法 ご購入費の全額を一旦お支払いただき、後に9割または8割の払い戻しを受ける「償還払い」でのお支払となります。
その他 異なる介護用品(福祉用具)を組み合わせて購入できます。(同一種目の組み合わせは不可)

介護用品(特定福祉用具)は都道府県の指定を受けた、指定事業者から購入する必要があります。

ご利用の流れ

  1. 1 お問合せ

    まずはお気軽に「生きる知恵工房」へお問合せ下さい。
    担当ケアマネージャー様が決まっていない・介護認定を受けていないといった方はご紹介させていただきますのでお気軽にご相談ください。

  2. 2 商品の選択

    必要な介護用品(福祉用具)をお選びいただきます。
    ご一緒に福祉用具が本当に今必要か、必要であればどんなものが必要か、担当ケアマネージャー様と一緒に私共もご相談をお受け致します。

  3. 3 お支払

    お客様が当社に全額(10割)お支払の上ご購入いただきます。

  4. 4 領収書発行

    生きる知恵工房より保険金の支給申請 に必要な領収書及び・商品カタログ(またはコピー)をお渡しします。

  5. 5 市町村申請

    ・特定福祉用具購入費支給申請書
    ・購入した領収書
    ・商品カタログ(またはコピー)を各市区町村の窓口へ申請します。

  6. 6 払い戻し

    各市区町村よりお客様の指定講座へご購入金額の9割または8割が払い戻しされます。

介護保険で購入できる5つの介護用品(特定福祉用具)

  • 1 腰掛便器

    ● 和式便器の上に置いて腰掛式に変更するもの(腰掛式に交換する場合高さを補うものを含む)
    ● 洋式便器の上に置いて高さを補うもの
    ● 電動式又はスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有するもの
    ● ポータブルトイレ
    ● 自動排泄処理装置

    腰掛便器
  • 2 特殊尿器(自動排泄処置装置を含む)

    ● 自動排泄処理装置のレシーバー、チューブ、タンク等のうち尿や便の経路となる交換可能部品のうち、居宅要介護者又は、介護者が容易に交換できるもの

    特殊尿器
  • 3 入浴補助用具

    ● 入浴に際しての座位の維持、浴槽への出入り等の補助を目的とする用具であって次のいずれかに該当するもの

    ・入浴用いす ・浴槽用手すり ・浴槽内いす ・入浴台 ・浴室内すのこ ・浴槽内すのこ ・入浴用介助ベルト

    入浴補助用具
  • 4 簡易浴槽

    ● 空気又は折りたたみ式等で容易にできるものであって、取水又は排水のために工事を伴わないもの

    簡易浴槽
  • 5 移動用リフトのつり具部分

    ● 身体に適合するもので、移動用リフトに連結可能なものであること

    移動用リフトのつり具部分

介護用品の種類は多数ございます。お体の状態や、ご自宅の環境により最適な用具をご提案いたしますので、ご自分で判断せず、まずは当社の福祉用具専門相談員にご相談下さい。

介護用品(福祉用具)購入のご相談・御見積りはこちら

電話番号022-226-7164
受付時間 平日 9:00~18:00
サービス付き高齢者向け住宅|時のかけはし

© 生きる知恵工房 All rights reserved.